建築基準法24時間換気システム

 24時間換気.COMでは建築基準法の改正に基づく24時間換気システムの規定、住宅用換気設備の設置義務化、フィルターの交換、電気代の問題など24時間換気設備に関する解説をしております。24時間換気設備の導入は、建築基準法の改正によって2003年より施行が開始され、一般戸建て住宅などへも設置義務化が定められた事から現在では一般的に認識されるようになりました。そしてその後、増改築部分の規定の変更などが行われ現在の規定に至るのが建築基準法改正の基本的な流れとなります。当サイトが24時間換気システムの設置規定についてお調べの方のご参考になれば幸いです。

第2種換気方式の仕組みと特徴

 24時間換気システムの換気方式のもうひとつの換気方式が
●第2種換気方式
 と呼ばれる換気方式じゃ。

 第2種換気方式の仕組みは
●吸気
 に関してのみ機械による強制換気を行い、
●排気
 に関しては自然換気を行う点が大きな特徴じゃ。

第2種換気方式の給排気の図

 第二種換気では、居室の一方の壁に給気口を設け、給気口部分に取り付けた給気ファンによって強制給気を行い室内に空気を取り込む。

 ここまでは第一種と同じじゃが取り込まれた空気は室内を循環し、気圧が高まってくると自然的に「排気口」から空気が排気されるステムとなっておる。

内部結露が発生する危険性について

24時間換気システム【
第2種換気方式】

 24時間換気システムは通常、強制換気によって給気を行うと、室内の空気は
●気圧が高まる事
 によって外部へ自然に流れるように働くものじゃ。
 その為、その働きを利用して排気は
●自然換気
 に任せるというのが第2種換気方式の仕組みとなる。
 まず上の第2種24換気システムの空気循環図を確認してみることじゃ。

 排気も強制的に行う第1種換気方式と比較するとこちらは「電気代のランニングコスト面」においても優れておるという特徴があるのじゃ。

 24時間換気システムは常時稼働させなければならない為、この電気代や月々のランニングコストが安いという点は家計を握る主婦にとっては重要な条件となるかもしれんのぉ。

※第2種は最も電気代が安く収まる傾向にある(但し規模や条件により異なる)

 しかし、建物の気密度によっては、室内の湿気が外へしっかり排気されず、建築物内の壁などへ浸入する恐れがあり
●内部結露
 が発生する危険性をもっておる点に注意が必要じゃ。

Point! 第2種換気は室内の内部結露を発症しやすいという弱点をもつ

北海道や東北エリアは冬の結露問題を見越した設置を

 24時間換気システムによる結露問題は第2種に限らずどの方式であっても風量を弱めたり、スイッチを切ってしまえばすぐに結露が発生する可能性を持っておる。

 特に浴室などは24時間換気システムが常時稼動している為、結露が防止できているケースも多く、安易にシステムを止めてしまってはいけないのじゃな。

 尚、北海道や東北などの雪が大量に積もる地域では、システムの稼働中であっても結露の発生確率が高まる為、第2種換気方式は北国には適さない換気方式と言えるかもしれんのお。

 窓などの結露だけじゃなく居室・室内の壁紙にまで結露が発生しているようなケースでは、自然排気に問題があるケースも多いため、一度24時間換気システムの稼働状況を検査してもらうと良いじゃろう。