建築基準法24時間換気システム

 24時間換気.COMでは建築基準法の改正に基づく24時間換気システムの規定、住宅用換気設備の設置義務化、フィルターの交換、電気代の問題など24時間換気設備に関する解説をしております。24時間換気設備の導入は、建築基準法の改正によって2003年より施行が開始され、一般戸建て住宅などへも設置義務化が定められた事から現在では一般的に認識されるようになりました。そしてその後、増改築部分の規定の変更などが行われ現在の規定に至るのが建築基準法改正の基本的な流れとなります。当サイトが24時間換気システムの設置規定についてお調べの方のご参考になれば幸いです。

第3種換気方式の屋根裏換気対策について

 第3種換気方式の24時間換気システムは気密性の低い従来の建築物の場合換気経路が確保されにくく
●計画換気
 が遂行できないというデメリットが存在する。

 これは強制的に機械排気を行う場合、室内の気圧が低くなり空気を室内に自然に取り込もうとする力が働く為じゃ。

屋根裏からの空気の流入

 気密性が高い住宅の場合は設置された給気口のみから空気が取り入れられるものじゃが、隙間の多い住宅ではあらゆる隙間からも空気を室内に取り込もうと働く。

 その為、前項で解説したとおり屋根裏などから空気の流入を促してしまう事もあるというわけじゃ。

 その為、第3種換気方式の24時間換気システムを導入する際は、
●屋根裏からの空気の流入
 に関して事前にしっかりとした対策を行う必要性が出てくるケースもあるのじゃよ。

屋根裏の空気流入の対策方法について

 第3種換気方式の24時間換気システムにともなう屋根裏からの空気の流入に対する代表的な対策方法についてチェックしてみるとしよう。

 最も簡易的なものは通気止めの処置を施すことじゃが、その場合は空気の流入経路を特定せねばならんことになる。

 この他にも幾つかの対策方法はあるのじゃが、代表的な対策方法には以下のような方法があるのでチェックしておくことじゃ。

【屋根裏の空気流入に対する主な対策方法】
●屋根裏に換気システムそのものを別途設置する
●気密層を追加で設ける
●通気止め処置を施す

 いずれも別途工事が必要となる訳じゃが、いずれかの方法で換気対策を行う必要性が出てくることをしっかり把握しておくことが大切じゃ。