建築基準法24時間換気システム

 24時間換気.COMでは建築基準法の改正に基づく24時間換気システムの規定、住宅用換気設備の設置義務化、フィルターの交換、電気代の問題など24時間換気設備に関する解説をしております。24時間換気設備の導入は、建築基準法の改正によって2003年より施行が開始され、一般戸建て住宅などへも設置義務化が定められた事から現在では一般的に認識されるようになりました。そしてその後、増改築部分の規定の変更などが行われ現在の規定に至るのが建築基準法改正の基本的な流れとなります。当サイトが24時間換気システムの設置規定についてお調べの方のご参考になれば幸いです。

◆24時間換気の電気代・ランニングコストの解説(もくじ)

 24時間換気システムを稼動させるための電気代・ランニングコストはやはり誰もが気になるところではあるはずじゃ。

 24時間換気システムは各種類によって電気代及びランニングコストが異なってくる為、将来的なトータルコストも考慮しながら導入するシステムを選ぶことが大切じゃ。

◆電気代・ランニングコストに関する記事一覧

新築住宅建築の場合は電気代などのランニングコストも考慮
 各システムの種類には長所や短所、そして換気システムを稼動させるための電気代なども異なってくる為、将来的なランニングコストも踏まえて設置を検討… 続きを見る

原発の放射能問題は更なる省エネ化を促進させる
 オール電化住宅、高気密高断熱住宅は限りある資源である電気代のランニングコストを考慮すると、今後も更に推進されるべき建築業界の未来…続きを見る

内部結露が発生する危険性について
 排気も強制的に行う第1種換気方式と比較するとこちらは「電気代のランニングコスト面」においても優れておるという特徴があるのじゃ…続きを見る

高気密高断熱住宅では需要が高い
 第3種換気方式による24時間換気システムでは排気を強制的に行うことから、第2種換気方式の問題点となっておった、内部結露の発生の危険性を食い止める事が可能じゃ。また電気代のランニングコストも最も低く抑える事が可能なタイプ…続きを見る