建築基準法24時間換気システム

 24時間換気.COMでは建築基準法の改正に基づく24時間換気システムの規定、住宅用換気設備の設置義務化、フィルターの交換、電気代の問題など24時間換気設備に関する解説をしております。24時間換気設備の導入は、建築基準法の改正によって2003年より施行が開始され、一般戸建て住宅などへも設置義務化が定められた事から現在では一般的に認識されるようになりました。そしてその後、増改築部分の規定の変更などが行われ現在の規定に至るのが建築基準法改正の基本的な流れとなります。当サイトが24時間換気システムの設置規定についてお調べの方のご参考になれば幸いです。

◆24時間換気.comサイトマップ

24時間換気システムの種類
 24時間換気システムの導入を検討する場合、覚えておくべき点の一つとして導入するシステムの特徴という点があげられる… 続きを見る

3種類の換気方式について
 24時間換気システムの3種類の換気方式とは、一般的に「第1種換気方式」「第2種換気方式」「第3種換気方式」に分類されておる。それぞれの換気方式は特徴も異なってくる点をまず把握しておく事が重要…続きを見る

建築技術の向上が招いた換気問題
 24時間換気システムの設置義務化の背景には、実は現在の建築技術の向上がその背景にあのじゃ。従来の昔ながらの日本風御母屋は、通気性の高い建築資材、建築構造によって建築されていた事はご存知じゃろう…続きを見る

24時間換気システム設置義務化の背景について
 建築における断熱性の向上は、逆に換気能力の低下現象をおこす要因ともなってしまう。これはもろ刃の剣のように、一方が高まれば一方は低下することを意味するのじゃ。住宅の資材には、科学物質が微量に含まれ…続きを見る

第1種換気方式の仕組みと特徴
 24時間換気システムの換気方式の主力となるのが第1種換気方式と呼ばれる換気方式じゃ。第1種換気方式の仕組みは「給気」「排気」ともに機械的に強制に換気を行うシステム…続きを見る

第2種換気方式の仕組みと特徴
 第二種換気では、居室の一方の壁に給気口を設け、給気口部分に取り付けた給気ファンによって強制給気を行い室内に空気を取り込む。ここまでは第一種と同じじゃが取り込まれた空気は室内を循環し、気圧が高まってくると自然的に「排気口」から空気が排気されるステム…続きを見る

第2種換気方式の仕組みと特徴
 第二種換気では、居室の一方の壁に給気口を設け、給気口部分に取り付けた給気ファンによって強制給気を行い室内に空気を取り込む。ここまでは第一種と同じじゃが取り込まれた空気は室内を循環し、気圧が高まってくると自然的に「排気口」から空気が排気されるステム…続きを見る

第3種換気方式の仕組みと特徴
 第3種換気方式の仕組みは、前項で解説した第2種換気方式の全く逆の換気方式で排気に関してのみ機械による強制換気を行い、給気に関しては自然換気を行う仕組みとなっておる。第三種換気では、全ての居室の一方の壁に給気口を設け空気を自然換気で流入…続きを見る

第3種換気方式の屋根裏換気対策について
 第3種換気方式の24時間換気システムは気密性の低い従来の建築物の場合換気経路が確保されにくく計画換気が遂行できないというデメリットが存在する。これは強制的に機械排気を行う場合、室内の気圧が低くなり空気を室内に自然に取り込もうとする力が働く為…続きを見る

24時間換気の価格・設置費用
 24時間換気システムの設置費用の目安として、ここでは一般的な2階建ての戸建住宅で延べ床面積が30坪(約100平米)〜35坪程度の3LDK〜4LDKの不動産物件の場合で確認してみるとしよう。まず新築物件などの場合は見積書に一式の設備費用…続きを見る

全館空調システムのデメリット・問題点
 全館空調システムとは、その名の通り家全体の空調機能を1つの管理システムで管理し家まるごと1棟の空調を取り扱うシステムのことじゃ。近年は、24時間換気システムに全館空調設備を取り付けた一体型の全館空調システムの人気が高く…続きを見る

カテゴリ別